読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Matlab GUI

Matlabを使ってGUIを作ることが多いのです。今まではこれといった問題もなく何とかやってこれましたが、とうとうMatlabでは実現不可能そうな問題に直面しました。それは「動的にGUIコンポーネントを変化させる」というもの。もちろん、ボタン上の文字列は変…

そろそろ博士号か

つい先日、学会誌への論文採択の連絡が来ました。掲載は2006初旬になりそうです。これで超マイナー論文誌に2つ、メジャーに1つ、学会発表が十数回ということで、会津大学博士論文最終審査会の必要要件をクリアしました。いままでメジャーどころの学会論文が…

AES119移動日

5時半に起床。そんなに飲んでないはずなのに頭痛。むー、韓国焼酎のなせる技か。準備をして7時にチェックアウトして、8:15の電車に乗り込みます。国境で気づいたのは、アメリカの税関職員は拳銃を所持している上に手錠や催涙スプレーまで持っているのに、カ…

AES119 4日目

午後のPsychoacousticsセッションでは自分の発表がありました。例のごとく多くの人々は最終日には来なかったりするので、それほど多くの参加者はいませんでしたが、いくつか質問を受けることができました。Nick Zacharovの「設問に挙げられた共通形容詞対を…

AES119 3日目

午前中はGolden EarというトレーニングCDセットを開発したDavid Moltonによるイヤー・チュートリアルを見に行きました。Rene QuesnelがMcGillでやっているコンピュータを使ったイヤートレーニング手法の方が、インタラクティブなぶん上達が早いような気がし…

AES119 2日目

7時半起床。今日は朝からSungyoungの発表です。一緒に会場まで行き、ちょろっと準備をして、発表。練習量が少なかったのに上出来。難しい質問も来なかったので、それも良かったです。昼食はKent、Sungyoung、それにMcGill SRの卒業生でKentやSungyoungと同期…

AES119 1日目

7時起床。Kentが一番先に起きていて、すでにシャワーを浴びて朝食に出かけるところでした。Kentは先に外出してしまいましたが、M先生とSungyoungと僕は9時過ぎに会場に到着しました。午前中はサラウンド・ミックスのワークショップでした。著名レコーディン…

AES119移動日

9時に大学前でSungyoungに拾ってもらい、モントリオール中央駅まで。中央駅のマクドナルドで朝食を食べ、17番ホームから9:50発のAmtrakニューヨーク行きに乗り込みます。12時ちょっと過ぎにアメリカ入り。車両間のドアがロックされ税関職員だけが出入りでき…

LRユニット"The Tank"の開発

McGillでResearch Assistantしているわけですが、今年は24chスピーカー用の高品質リアルタイム・リバーブ・アルゴリズムの研究開発をお手伝いしています。基本的にリバーブを三種類の成分(direct sound、early reflection、late reverberation)に分けて、…

イヤー・トレーニング

今学期はTechnical Ear Trainingという、サウンド・エンジニアにとって大切な耳を鍛えるという授業を受講しています。2週間に1度のカウンセリングに加えて自分のペースで課題をこなしていきます。今日は研究を一段落させて、午後6時から1時間だけ自主トレを…

Compにむけて

そろそろComprehensive Examinationにむけて準備開始です。去年一年間はDistortion Processorに関して研究していましたが、McGillでの博士号は夏休みごろから取り組んでいたSpatial Image Enhancementでいくことに気持ちを固めました。いろんな人々が昔から…

音の拡がりの副産物

音の拡がりについていろいろとやっているわけなんですが、副産物みたいなものができました。2チャンネル・オーディオのときにしか有効じゃないし、リバーブがしっかりかかっていて、中央定位している音が含まれている場合のみに使える技なので、かなり用途が…

音の拡がり

音の拡がりに関して一人でしこしこ研究していたんですが、なんとかそれっぽい音ができました。ちょっと聴いてみて下さい。音源はリッジ4からインターミッションっぽい短いやつ(Before/After)。音質がちょっとおかしいのは、もともとMP3にエンコードしてあ…

議論の場

つい先日のエントリで固有値問題について書いたところ、中学高校時代の友人が分かりやすい固有値の説明文書を作ってくれました。僕が理解できなかったのは初心者と上級者のあいだの橋渡しのような部分だったので、それより入門部分に関する解説ですが、これ…

固有値問題

誰か、固有値を僕に分かりやすく説明してください。行列の累乗から主成分分析に至るまで様々なところで固有値が出てきていて、「もうあと少しで全貌が分かりそうなんだけど」というところまで来ています。でも、知れば知るほどわけが分からなくなっているよ…

音の拡がり感(の可視化)

僕がこのあいだから考えていた方法で音の拡がり感を増す実験をしました。それとともに文献をあさっていたらリモート・センシングの論文誌に似たようなアルゴリズムを使って画像処理をする論文が載っていたのを発見しました。奇抜な方法を考えついたとは思っ…

嗚呼 信号処理 2

ピッチがかった音は、超低帯域に対してバンドパス・フィルタをかけようとするところから生まれ、フェードインによって増幅されていることが分かりました。二つの原因が重なっていたので、それが話をややこしくしていたわけです。超低帯域でのフィルタリング…

嗚呼 信号処理

ピンクノイズをフェードインさせると、低音から先に音が入ってきて、だんだんと高音に向かって抜けていくようなかんじになります。そもそもピンクノイズはオクターブごとに-3dBの減衰があるので、低音のほうがレベルが高くなっています。フェードインさせる…

雑音

このところperfect reconstruction filterっていうのをいろいろと調べていたんですが、とりあえず位相が崩れてもいいことにして、自分で勝手なものを作ってみました。そしてできあがったfilterbankにピンクノイズを通してできた音を、シーケンスソフトで適当…

ちょっとだけ遅い

10月にニューヨークで開催される学会用の論文を提出したので、また研究と実験だけに戻れます。論文を書くのはどうしても苦手です。 さて、先日のエントリに関連して、両耳間相関係数をできるだけゼロに近づけられるような信号処理方法を模索しています。クリ…

Projection Pursuit

ちょっと調べてみた結果、Projection PursuitはPCAみたいに次元を減らすのを目的として使われることが多い手法です。PCAと似ているという印象は正解。わかりやすかったページを簡単にまとめておきます。 一次変換を通して「各次元の分散を最大にする」PCAと…

気になる

ちょっと気になるもの(どれも統計手法ですが) - nonparametric test - maximum likelihood estimator - bootstrap - projection pursuit - Bayesian hierarchical model たぶん最初の三つはすでに理解しています。ただ名前と手法が一致していないので、ど…

Zero-phase Perfect Reconstruction Filterbank

Zero-phase Perfect Reconstruction Filterbankってのはもうすでに完成されたものがあって、みんながそれを使っているもんだと思っていたら、まだいろいろと研究中だったようです。欲しい結果は単純なものなのに、そんなに簡単に実現できるものじゃなかった…

ICCCとIACC

MatlabでICCC(Inter-channel Correlation Coefficient)とIACC(Inter-aural Cross-correlation Coefficient)を計算するツールを作ってみました。IACCはコンサートホールの評価なんかにも使えるようなことが書いてある論文が何本かあったので、これから両…

英語で書くこと

そうそう、そういうことなんだよ、と茂木さんのblogエントリーを読んで思ったのです。僕の場合は共著者がネイティブ米語人ということもあって、ほとんどの論文を英語で書いています。日本語を使って実験を行ったときには、使った形容詞の日本語としての意味…

奨学金

AES"から年間$4,000を最長二年間という奨学金をいただきました。一つの奨学金で学費を全額カバーするのは無理だけど、VRQからの奨学金やCIRMMTからの奨学金、それにTeaching Assistantもあるので、ぜんぶ合わせればなんとか2005年度も乗り切れそうです。アメ…

AES Tokyo三日目

自分の発表日でした。時間オーバー気味だったものの、なんとか全部説明できました。ちょっと理解しにくいアイデアが多すぎたかもしれません。もっとコンパクトに収められれば最高でした。他の人の発表も軽めで面白いものが多かったです。やっぱり音響学会と…

AES Tokyo二日目

午前の学生むけチュートリアルで、マイクセッティングの違いによる音質の変化を知る、というものがありました。マイクの質、omniとcardioidだったり、マイクの高さだったりで非常に音が変わるのです。おもしろかったです。午後のゲーム業界による5.1chサラウ…

AES Tokyo一日目

AES東京の初日でした。ヴィスラフ(McGillのSound Recording領域長)やテレサ(AES会長)や亀川さん(今回の学会の委員長)などとも知りあいだというのはなんとなく心強いものがあります。バンケットのような状況では人見知りする僕が、今までになく多くの人…

小さいブレイクスルー

今日は研究で小さなブレイクスルーがありました。ちょっとした突破口が開いた、という感じなのかな。いまは会津大学のコンピュータ理工学の博士号とは別に音楽学の博士号を狙っているわけなので、もちろん会津大学の時とは研究テーマを変えないと行けないの…

AES118四日目

やっぱり朝になってもお湯が出なかったので、我慢して水風呂。セッション当日なのに風邪ひいたらどうするんですか。そして会場まで地下鉄で移動。自分の発表があるセッションに参加。競合する別セッションに面白いものが多いらしく、発表者に応じて参加者の…

AES118三日目

昨日は寝るのが遅かったので、眠い目をこすりながら朝から学会です。午前中の「音の奥行きと距離感」に関するワークショップはこっくりこっくり半分寝てました。午後には学生レコーディング・コンテストでMcGillからの参加者3人中3人が入選するという良い雰…

AES118二日目

午前中に学会会場近くのホテルをチェックアウトして、そのままダウンタウンの別宿にチェックイン。そのままとんぼ返りして昼くらいから学会へ。レセプションのあたりでMcGillのMarcelaと偶然会って、そのままJasonやEricとも合流。あとで昼食を一緒に食べる…

AES118一日目

朝7時に起床して、シャワーを浴びて、出かける準備。いま泊まっているホテルはコンベンションセンターと建物がつながっているような構造なので、2分も歩けば到着です。午前中はM先生が出席できなくなってしまったワークショップと立体音響のセッションを見…

バルセロナ

そういえば今日からバルセロナ(スペイン)に行くのでした。「地球の歩き方」は持ったし、正露丸(糖衣じゃないやつ)も持った。ガウディ、カザルス、ダリ、ピカソ・・・そういった芸術家たちを生んだスペイン東部を旅してきます。・・・と、それだけの時間…

グラフ理論

一対比較法にグラフ理論の考え方を取り入れて、反応に隠れている矛盾を探し出してみよう、ということをやってみました。実際には一対比較法ではなく、Triadic Comparison(三叉比較法? 三組法?)というものを使って得られたデータに対してサイクルの有無な…

メルセンヌ・ツイスタ

乱数生成には興味があったものの、乱数と言えばM系列というくらいにしか種類を知りませんでした。日本人が作ったメルセンヌ・ツイスタという疑似乱数生成法がかなり性能がよいそうです。この乱数生成アルゴリズムを音に使えば、より滑らかなノイズ音が得られ…

Musical/Musicological Implication of My Research

Nonlinear distortion effects are used by many guitar players to modify electric guitar sounds to produce more powerful and temporally sustaining tones that enable the musicians to explore broader range of musical expression. However, many …

digraph

ここずっと研究しかしてないので備忘録。digraph中のcycleを見つけるにはdepth first searchを使う。アルゴリズム論の授業で何年も前にやったのに、すっかり忘れていました。

自己忙殺

早朝に起きて洗濯をし、朝から夕方まで研究チーム総出で5チャンネル構成のサブ・ウーハーの周波数応答と左右の位相差をダミーヘッドとリファレンス・マイクロフォンで測定。セットアップには人手と手間がかかるものの、計測自体は一人でできる単純作業。その…

デジタル・オールパス・フィルタ

昨日のエントリーにも書いたオール・パス・フィルタの続きというか、より基本的な話です。もともとの定義に加えてほんの少しの知識しかなかったのですが、経験的に「こうすればオール・パス・フィルタが作れる」というところまで来ました。まず、(できれば…

学問分野による発表方法の違い

CIM05の最終日でした。学際学会だったので、普段は見に行くことのないような違った学問分野の発表が見られたのがとても良かったです。特に面白かったのが、自然科学と人文科学のプレゼンテーション方法の違い。 自然科学は科学(サイエンス)と工学(エンジ…

CIM05

CIM05という音楽学を中心とした学際的学会がモントリオールで開かれています。音楽に関係のあることで、複数分野にまたがっているものなら何でもありなのですが、今回のテーマは「音色」。僕も音楽学におけるディストーションの歴史・信号処理論・認知心理学…

生活と人生をかけている

ABOFANという血液型による性格判断を支持するサイトがあります。そのサイトの管理者はすごく勉強熱心で、できるだけ客観的に判断しようとしているので好感が持てます。でも本職の科学者じゃないようで、こじつけともとれてしまう表現が多いのも事実。そこに…

今日のメモ

viper-modeでemacsモードとviモードを切り替えるのはC-zでした。これでより便利。 一晩かけて音声処理して保存しておいたファイルを読み込んで、レベルが小さかったのでノーマライズしてから聴いてみたら、やけにノイズが乗っていたのです。保存時のレベルが…

論文の嵐

どんな学会でもそうなんでしょうが、AES (Audio Engineering Society)の会議でも発表するには事前審査が必要です。AESの場合は「こんな研究発表したい」という申し込みをして、それが受理されれば発表会用の論文を書いて提出し、会議で発表するという流れで…

もっと論文をたくさん読まないと

僕は他の人が書いた論文を読む速度が非常に遅いのです。一字一句読む必要はないと分かっている反面、どうしても細かいところまで読もうとしてしまうんですね。abstractを読んで、introductionとbibliographyでどんな論文が紹介されているかを調べて、あとはc…

my brand new academic web site

I've started to prepare an academic website on the university web space (http://www.music.mcgill.ca/~marui). The fact it took several months to even start making a site is that I didn't know that I had to ask tech people for even setting u…

研究の方針

僕の研究のテーマは「音楽用の非線形歪みを人々はどのように感じ・表現し・好むのか (Nonlinear Distortion Effect Processing for Musical Application: Perception, Cognition, and Preference)」です。それを研究する上での指針は 理論の美しさよりも成果…

論文投稿フォーマットの基準

モントリオールにある大学いくつかが集まって、学際的音楽学学会を開く事になっているんですが、ようやくその論文投稿用フォーマットが公開されました。1日に公開して21日までに投稿しろって、無茶な感じもあるんですが・・・。 さておき、先方が受け付ける…