読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Objective-C 2.0

Appleの開発者向けサイトにあるLeopard Technology Overviewによると、Objective-Cが拡張・改良された新バージョンが、Leopardにあわせて登場するのだそうです。

Objective-C is an ANSI C compatible language with dynamic object-oriented extensions. It combines the power of Smalltalk-style message passing with the performance and native system-level access of C. From the start, the abilities of Obj-C have fueled the power of the Cocoa framework. Now in Leopard, the Objective-C runtime has been updated to include a thoroughly modern and high performance garbage collection system, making memory management a thing of the past.

Also new in Objective-C 2.0 are a set of syntax improvements, including property accessors and fast enumeration. These improvements bring the language up-to-date with the expectations of today’s programmers. And, since Objective-C 2.0 is compatible with existing Objective-C source, you can adopt it at your own pace.

訳すと「Leopardで採用されるランタイムでは、高性能なメモリ管理システムによるガーベッジ・コレクションが導入され、(開発者による)メモリ管理は過去のものとなります。文法も改良されますが、2.0は1.0とソースレベルでの互換性を備えていますので、ご自身のペースで学習していくことができます。」ということらしいです。ガーベッジ・コレクションは楽しみです。