読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福田総理辞任に関して

総理辞任を決断した福田さんについて。僕は福田さんが総裁選に出る前からずっと「この人はNo.2の人だ」と思っていました。小泉内閣が立ち上がった頃の内閣官房長官なんかは適任だったと思います。トップに立つ人が突拍子もないことを言い出して、それを実現すべく周囲を調整してまわる、という立場に向いているように思いました。政治にはテレビや新聞でしか触れない素人である僕でさえ「福田さんに総理は無理だろう」と思っていたのに、その福田さんをトップに据えようと担ぎ上げた自民党員たちは、本当に福田さんがNo.1の器だと思っていたのでしょうかね?

さて、今回の辞任は、福田さん自身が「自分が全てをかぶって辞めれば、政局が好転する」と読んだからではないかと、僕は思うのです。・・・内閣だけでなく自民党への支持率も過去最低ラインまで来ている。新総裁が自分以外の誰かであれば、自民党支持率も少しは上がり、次の総選挙で民主党に政権を奪われることはなくなるのではないか。自分にはトップになるカリスマ的な資質はないが、総理の椅子を虎視眈々と狙う麻生さんには多少それがある。ならば、まず内閣改造で麻生さんを幹事長にしてマスコミ露出を増やし、その直後に総理辞任、解散総選挙に持っていけばいい・・・なんて考えたのではないでしょうか。安倍辞任〜福田低迷で作ってしまった自民党への負の印象を最悪にまで持っていけば、その後の反動で新内閣は「ちょっとはよく見える」だろうし、もし新内閣が失敗しても「すべて福田内閣負の遺産」と言われるのではないか、という思惑を感じます。

福田さんが自民党の汚いものすべてを一人で背負い込んで自決するサムライのように見えましたが、それは福田さんを買いすぎですかね?