読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OS X LionやiLife'11のフルスクリーン・モードについて

先日のAppleイベントではMac OS X LionやiLife'11でフルスクリーン・モードを多用するようになると発表されました。ウィンドウの制約が無くなって、やりたいことが画面いっぱいに広がるので使いやすいよ、とのことでした。

でも、それってMS-DOSの世界に戻ったようなかんじがしませんか? 同時進行で複数のことができるというのがウィンドウ・システムの利点だったのに、いちどきに一つのことしかできないようになるフルスクリーン・モードの利点がイマイチわかりません。作業のマルチタスキングは人間にとって効率が悪化の原因になるという研究があるので、そういう意味では利点なのかなー。時代が一回りしてフルスクリーンに戻っただけ?