読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Freenet 0.7.5を(AppleのJava環境で)Yosemiteにインストールする

言論の自由は大切ですね。このところの政治の動きを眺めていると本当にそう思います。そんなときにはFreenetという、Java上で動く通信の匿名化・暗号化ソフトがあります(Freenet - Wikipedia)。

残念ながらMac OS X 10.10 YosemiteにはJavaがインストールされていませんので、Freenetの前にJavaを導入する必要があります。Java.comに行けば、最新版のJava Runtimeがダウンロードできますので、それをダウンロードしてインストールします。(僕は新Javaだと不具合の出るソフトを使用しておりJava 6を使用したいので、Appleが提供しているLion用のJava Runtime(Java for OS X 2014-001)をインストールしました*1

OracleJava 7以上がインストールされている場合にはFreenetのオンライン・インストーラが使えますが、Java 6の場合はインストーラが起動しません。なので、オフライン・インストーラをダウンロードして来ることになります。Freenetリファレンス実装(fred)のGitHubページに行って、「releases」から「new-installer-offline-1965.jar」をダウンロードしました。これならインストール時のJava Runtimeバージョンチェックが緩いので、Java 6環境でもインストールが可能です。Freenetが無事に起動できました。

ただしFreenetの管理画面には「Freenet will stop working with your outdated Java version.」と表示されています。今後、Freenetを使い続けることができなくなることが明確になっていますので、このエントリを参考にする場合も、インストールは個人の判断でお願いしますね。

*1:AppleOS X用に提供しているJavaはバージョン1.6.0_65が最後で、これ以降はOracleJava Runtime(JRE)の提供を行っています。とくにApple版を使う必要がなければOracle版をインストールした方が良いでしょう。