WWDC 2020で発表されたAirPods Proの3Dオーディオ

今回のWWDC 2020では、MacIntelチップからARMチップへの以降が発表されて盛り上がりました。しかし個人的に最も嬉しかったのはAirPods Proのアップデートでした。以下のビデオの42分25秒付近から始まる3分間です(ボタンを押すと42分25秒から再生されると思います)。

発表されたのは、デバイス間の自動切り替え(automatic switching)と空間オーディオ(spatial audio)の2点です。前者も便利といえば便利ですが、後者の空間オーディオがすごいのです。AirPods Proは左右独立のBluetooth接続イヤホンなはずなのに、iPhoneiPadとの相対的なヘッドトラッキングを行って適切なHRTFを畳み込むことで5.1 ch、7.1 ch、Dolby Atmosにも対応するとのことです。AirPodsを買う気がなかったため、この発表を見るまではAirPods Proの中にジャイロセンサーや加速度センサーが入っているとも気づいていませんでした(さっき見たら仕様表に書いてあった……)。

以下の記事によると、開発者はAirPods ProのモーショントラッキングAPI(Core Motion)が使えるそうで、どんなアプリが出てくるかとても楽しみです。

www.phileweb.com

このアップデートはiOS 14にあわせて行われる予定です。昔から使っているソフトがあるために僕はiPhone XsiOS 12のまま使い続けてきたのですが、この発表を受けて(別件でAirPods Proをじっくり試聴できる機会もあって性能にも驚き)思わずAirPods Proを購入してしまいました。ちゃんと設定して使うためにiPhoneiOS 13にアップデートしてしまい、今ではiOS 14を心待ちにしています。

自作PCを組み立てた

はじめに

一部で話題になっている5万円台PCや7万円台PCを参考にしつつPCを組んでみました。そもそも以下の記事が発端なんですが、その時期にあわせてメインマシンの買い換え時期がそろそろなことと、在宅勤務の時間が長くなったのに自宅でノート機を使っているのはなぁ、数年前のハイエンド・ノートPCよりも最近のエントリー・デスクトップのほうが性能は高いだろう、などの考えが交錯して「自作作業用に安価なデスクトップを作れば良い」という考えになりました。ここ20年くらいはデスクトップ機を持っていなかったので*1、最近はどんなかんじになっているのかという好奇心もありました。デスクトップ機でもノート機でも部品の追加や交換は平気でやっていたんですが、自作は初めてです*2

www.itmedia.co.jp

この記事を参考にして、Micro ATX規格のマザーボードRyzen 5 1600AFを中心にしてAMDのCPUとGPUで組んでいく予定だったんですが、1600AFが入手困難な状況が続いていたことと、Intel Core i5 10400も頑張っているよという意見も聞いたので、まずはGPU内蔵の10400にすることにしました。第10世代からはi5でもスレッド数はコア数の2倍になってますし、GPUが足りなくなったら追加すればいいですし。

部品構成

Windows 10 Homeのライセンスも新規購入しないといけないので、目標としては本体のみで5万円台に抑えたい(ディスプレイ、キーボード、マウスなどの周辺機器は探せば出てくるはず)。GPU内蔵とはいえCPUが高く付いたので、他はケチケチと。メインマシンにするMacを購入するときは「一番いいのを頼む」精神で、とにかくCTOリストから最上位のものを選んでいくことが多いのですが*3、予算制約の中で部品を選ぶのも楽しいですね。部品選びにはこのサイトが便利でした。

niku.webcrow.jp

*1:最後に使っていたデスクトップ機は1999年頃のPentium III (600MHz)で、ゲーム用(MS Flight Simしかやってなかった)のサブマシンにしていました。当時のメインマシンはPowerBook 5300cs/100を使っていたんだったかな。

*2:大学のときに(回路シミュレータ上ではありますが)AND/ORゲートを作ってそれを組み合わせてCPUを作っていくという演習授業も受けましたし、OSや言語処理系を作る授業もたいそう楽しく受講したので、そういう意味での自作は初めてではないですが…… プラ板だけから、丸太一本削り出しで、あるいは鋳造では作ったことはあるけど、キットのプラモデルでガンダムを作るのは初めてという感じでしょうか?

*3:数年前まではそれでも40万円くらいだったんですが、今のMacBook Pro 16 inchはSSDの値段がゴツいこともあって最上位構成は70万円と手が届かない値段になりますね-白目

続きを読む

本日の給油

給油日 オドメーター (km) 給油量 (L) 単価 (円/L) 燃費 (km/L) 距離単価 (円/km)
2020-02-22 10890.0 2.67 141.95 51.20 2.77
2020-03-16 11037.1 3.46 138.73 42.51 3.26
2020-03-20 11217.6 2.83 133.92 63.78 2.10
2020-03-21 11407.0 3.11 142.12 60.90 2.33
2020-03-22 11612.2 3.50 138.57 58.63 2.36

3月の三連休に、千葉県一周ツーリングに行ってきました。松戸あたりから出発し、できるだけ海沿いを走って岬や灯台を巡る旅です。富津岬〜館山城〜洲崎灯台〜野島埼灯台太東灯台犬吠埼灯台香取神宮東峰神社関宿城。千葉県の最南端(野島埼灯台)・最東端(犬吠埼灯台)・最北西端(関宿城)を制覇しました。

1日200 kmくらいで3日間で600 km。燃費が良いので交通費は1300円のみ。オドメーターのゾロ目には蘇我駅あたりで遭遇。

f:id:amarui:20200327130508j:plain

本日の給油

給油日 オドメーター (km) 給油量 (L) 単価 (円/L) 燃費 (km/L) 距離単価 (円/km)
2017-09-15 10004.7 3.09 123.96 53.03 2.34
2017-10-04 10152.2 2.08 125.96 70.91 1.78
2017-10-18 10314.9 3.42 125.73 47.57 2.64
2018-05-05 10499.5 3.18 137.74 58.05 2.37
2019-06-08 10607.9 2.40 148.75 45.17 3.29
2019-07-13 10753.3 3.20 137.81 45.44 3.03
2020-02-22 10890.0 2.67 141.95 51.20 2.77
2020-03-16 11037.1 3.46 138.73 42.51 3.26

オドメーターの次のゾロ目タイミングが近づいてきた。11111、12345のあとはとうぶん無いかなー。

JuliaからRCallを使ってANOVA君を呼び出す

ANOVA君は、井関龍太氏が開発している、Rで動作する分散分析プログラムです。様々な実験計画に対応できるようになっており、分散分析に加えて多重比較や単純主効果の検定もやってくれます。lm()とかaov()なども使ってはいますが、ANOVA君は一回の関数呼び出しですべてを面倒見てくれるのでとても重宝します。

riseki.php.xdomain.jp

数年前に僕がPythonに移行できなかった理由の一つに「まともな分散分析ツールがない」ということがありました。1要因や簡単な2要因のものくらいなら見つかるのですが、3要因以上だったり2要因でも混合計画のものは見つからず、かといって自分で作るのも車輪の再発明をしているかんじでイヤだったのです。Juliaに移行するにあたっても同じ理由でRを捨てられずにいます。

しかし、JuliaはPythonともRとも親和性が高く、それらで書かれたプログラムも簡単に呼び出すことができます。今日は、JuliaでRを呼び出してANOVA君を使う例を紹介します。

続きを読む