読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

守るもの

僕には守るべきものが少ないと思います。たとえばこのような守るべきものがない、という点でとてもラッキーです。自分の意志とは関係なく先祖から受け継ぐ資産を維持しなくてはならないというプレッシャ−。こういうプレッシャーを持たないで済む人間は、のほほんと日常を暮らし、自分の好きなように過ごせます。先祖から否応無しに授けられたものを守る人々は、日々努力し、先祖が作った偉大な資産を守り続けます。はて、これは幸運なことなのか不運なことなのか。