読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sound qualityとsound characterの邦訳

Francis Rumsey ``Spatial Quality Evaluation for Reproduced Sound: Terminology, Meaning, and a Scene-Based Paradigm'' Journal of Audio Engineering Society, v.50, n.9, pp.651--666, Sep 2002を再読中。日本語で説明しようとして、sound qualityとsound characterの日本語訳に悩んでしまいました。素直に訳すと「sound quality = 音の品質」「sound character = 音の特徴」となりそうですが、後者に関しては「特徴」よりも「性質」のほうが「〜質」つながりになって良さそうな気もします。「〜質」つながりでも「特質」は少し違うような気もしますし、sound qualityを「音質」と訳してしまうと、timbreやtone colorなんかとも関係してきてしまいそうです*1。なにか良い案はないでしょうか?

Letowskiによると、sound qualityには良し悪しや好き嫌いなどの価値判断が含まれ、sound characterは音を説明するだけに用いられるのだそうです。英語のまま理解した方がラクチンだなー。

*1:そういえばtoneとsoundの区別もあいまいですね。